トップ

医師の結婚する年齢は?

医師の結婚する年齢について、お話ししましょう。大学時代から交際相手がいたり、研修医のころに病院などの職場等で知り合っている人はわりと結婚が早いものです。20代のうちにすでに子供がいる所帯持ちの人もいます。それに対して、研修医時代、そしてのちに留学したり、大学病院で研究などをしていると出会いの場も機会もなく、年ばかり重ねてしまい、気付くと30代後半になってしまい、急いでお見合いなどで相手を探す人もいます。医師は、年齢的に早いか遅いかのどちらかのことが多いようで、ご縁がないとそのまま一人という人もいます。

医師 募集でお探しの方に最新の求人情報を公開しているサイトです。
勤務地や年収、施設などこだわりの条件で絞り込みが可能です。サポートも万全です。

何歳で結婚するのが平均か

医師の結婚年齢は、個人によって大きく異なります。多くの場合は、勤務先での地位や収入が安定した年齢に結婚をします。また、人によっては学生時代にそれをしてしまう人もいます。患者のケアや自身の研究等に集中し、婚期が遅れ、中高年になってからそれをする人もいます。全般的に医師は一人前として自立できるまでに時間がかかるため、年配になってからそれをする人が多いです。研修の終了後や専門医の取得をした歳にそれをする人間も少なくないです。従事する診療科によってそれをする歳は異なります。業務にゆとりのある科の人は若いケースが多いです。一方、激務の所の場合は、遅くなります。

医師と結婚適齢期情報