トップ / 医師だけど公務員の謎

公務員として働く医師

医師というと、病院や個人病院に勤めるというイメージがあります。確かに、市立病院や県立病院、国立病院に勤めている人は公務員にあたります。病院等の医療機関で働くのではなく、民間企業の研究所に勤める人もいます。ほかにどういった働き方があるのでしょうか。特殊なものでは、自衛隊の医師として働くという方法もあります。一般的にあまり考え付かないのですが、自衛隊員を相手に医療業務を行うのです。看護職は結構有名なのですが、自衛隊には医者・歯医者・薬剤師も必要になるのです。国家公務員として、仕事をしていきます。目立つわけではないのですが、とても必要とされる仕事なのです。

公務員としての活躍とは

あまり知られていないのですが、公務員として働いている医師がいます。公立の病院などの勤務医もそうですし、また行政組織の中で、たとえば保健所などにも資格を持ち、専門知識や経験を持って勤務している人がいます。公務員としての彼らの仕事は、その専門知識や経験を生かしたものに特化していることが特徴で、事務職などのように他の職員で対応できるようなものには重視することはありません。なお、そういった医師のお給料は事務職の給料ではなく、専門職のみ適用する給料表を使用して計算されるようになっており、各種手当てなども独自に設定されているものが多くあります。

医師と結婚適齢期情報